評判のリフォーム会社を探すならここに注目!

リフォーム会社選びに迷っている方へ

近年高まるリフォームへの需要

何でもそうですが、新しい事に取り組む場合は、他の大勢の方が採用するやり方をやれば大きく失敗することはないだろうと考えて、より無難な方法を探したりしませんか? 特にリフォームは簡単にやり直しがきかないですし、費用もかかります。 特にこだわりがない場合、業者を探す無難な方法はあるでしょうか?

一般的な方法

2020年にオリンピックが東京で開催される事が決まって以降、あっと言う間に都内の新築マンションの価格が高騰してしまいましたね。
時期を同じくして家探しを始めた方にとっては見る見る上昇して行く価格を目にして焦りを感じた方もいるのではないでしょうか。
我が家もその部類に入ります。

我が家は震災以前にタワーマンションを所有していました。
高層階で眺望は良かったのですが、タワーマンションにありがちな、うなぎの寝床のような細長い部屋の間取りであることと、キッチンの使いづらさからあまり気に入ってはいませんでした。
壁面収納棚を入れたり、食器洗浄器やガスコンロに変えたり、色々と工夫してみましたが、結局、転勤とともに手放してしまいました。
再び東京に戻って家探しを始めたら、マンションの価格が高騰していて驚きました。

近年、新築マンションの販売数は伸び悩み、逆に中古物件の売買件数増えていると聞きます。
納得の行く中古物件を探す事に力を注ぐあまり、いざ契約した後でようやくリフォームについてどうしようか考え始める方は多いのではないでしょうか?
我が家のように壁紙や床の張替えなど一部をリフォームする事もあれば、屋根や床下など家の構造に関わる部分まで手を入れて大規模なリフォームが必要な場合もあります。
業者にお願いすればプロの仕事で綺麗に見栄え良くやってもらえますが、部分的なリフォームなら自分でできる場合もありますね。
また屋根や床下など大規模なリフォームが必要な場合は素人では全く見当がつかず、ともすれば言葉巧みに誘導されて必要のないリフォームをしてしまったり、相場より高額の請求をするような悪徳業者につかまってしまう危険もあります。
リフォーム業者を探す場合はどんな点に注意したらよいでしょう?
また悪徳業者につかまってしまったらどう対処したらよいのでしょうか?

ホームインスペクションとリフォームの必要箇所の見極め

どこをどのようにリフォームするかは、自分の希望や業者との相談で決まります。 しかし、経年劣化などの理由でリフォームする場合、家の強度が十分かどうかを知っておく事も大事です。 リフォームしても住宅としての性能が不十分であっては、いずれまたリフォームが必要になってしまいます。

悪徳業者に気をつけましょう

十分気をつけているつもりでも、悪質な業者は言葉巧みに近づいてきます。 とても親切な担当者で大丈夫と思っていたが、後で高額な請求書を渡され、支払いを拒否した途端に態度が変わった。という話は耳にしたことがあります。 万が一悪徳業者につかまってしまった場合、どうしたらよいのでしょう?

▲ TOPへ戻る