赤ちゃんからお年寄りまで全ての人に必要な予防歯科

虫歯は予防可能な病気であることを知っていますか?

赤ちゃんの口内環境はいつ出来上がるのか?

赤ちゃんの口内環境は3才ぐらいまでに出来上がります。口内環境の形成は「イス取りゲーム」に例えると判りやすいです。赤ちゃんの口の中はまだ誰も座っていないイスだらけです、そこに段々と「善玉菌」や「虫歯菌」といった細菌がイスに座っていきます。細菌の世界は基本的に早い者勝ちで先にイスに座った菌が後から来た菌を追い出す構造になっています。
ですので口内環境のイスが全部埋まる3才ぐらいまではキスや口移しといった行為でご両親の口内にいる虫歯菌(失礼ですが人間は口の中に必ず虫歯菌を繁殖させています)を赤ちゃんに感染させてしまわないように注意する必要があります。
中々徹底は難しいですが赤ちゃんに使う食器は出来れば専用の物を、難しければ使う前に熱湯で殺菌する。固いものを自分で噛んでから赤ちゃんに与えない。キスをしたい時はホッペ等にする、といった注意でお子様を虫歯の悩みとは無縁の生活を送らせてあげる事が出来ます。

子供の頃から歯磨きの習慣をつける重要性

うちの子にはもう上記の事をしちゃっているというご両親も安心してください。子供の頃から食べ物を食べたら必ず歯磨きをする、甘いものを食べる時は時間を決めて食べさせる、よく噛む習慣を付けさせて歯の隙間に食べかすを残さないように注意する、などの習慣を身に付けさせると虫歯や歯周病のリスクを抑える事が出来ます。
大人になってから始める習慣よりも子供の頃から続けている習慣の方が忘れにくいし、やり続けられるというのはご自身でも覚えがあると思います。子供の頃にしつけられた事は意外と大人になっても続くものなので、今からでも遅くはありませんのでお子様にこうした習慣を身に付けさせて虫歯予防に取り組みましょう。
特に小児歯科では予防歯科に積極的に取り組んでいるところもありますので、そこにお子様を定期的に通わせることで虫歯などのリスクからお子様を守る事が出来ます。


この記事をシェアする