>

近年高まるリフォームへの需要

業者を探す一般的な方法

リフォーム業者を探すにはどのような方法があるでしょうか?
国土交通省が実際リフォームをした方に行ったアンケートから、多かった順に5つ並べます。

知人の紹介
以前から付き合いのあった業者
新聞の折り込み広告
インターネット
業者の直接セールス

1位と2位の数値は僅差で、ここから見るに、安心感を重視して選んでいるように思います。
リフォームの知識や経験がなくても紹介であれば安心できますね。
新聞広告から選ぶのは、身近な地域に事務所がある証拠ですから、相談に通うのに便利ですし、地域での評判も分かります。
インターネットは一括検索サイトを始め沢山の情報を網羅しているので、情報収集には便利ですね。
業者からの直接セールスの場合、やる気があって仕事を取りに来ている訳ですから提案力があると感じます。

それぞれの注意すべきポイント

物事には色々な面があります。それぞれのデメリットをざっくり見てみましょう。

知人の紹介なら安心出来そうですが、人が良いと思っても自分が同じとは限りません。
担当者と気が合わないと感じた場合に.断りづらいですし、トラブルになった場合知人に気を使います。
馴染みのある業者さんでは、施工ミスを指摘しづらい、価格が高いと思っても値切りづらいという事があります。
インターネットで探す場合、業者が多すぎて絞り込むのに苦労しますし、自分の好みの業者を探すには時間が必要です。
広告を気に入って訪ねたら、グレードの高い資材を使用した施工例を掲載しているのに、書いてある料金はグレードの低い工事料金だったという事もあります。
業者の直接セールスでは、その業者が悪徳業者であった場合、大変な損をしてしまいます。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る